スマホで稼ごう ~お小遣い増額計画~

スマホで稼ぐ ネット 副業サイト

*

スマホで稼ごう<序章> ~偏見まみれのクレジットカード~

   

102525

スマホで数万円稼ぐ前に

携帯電話0円キャンペーンを利用して儲かるならやってみたいと興味を持つ方は多いようですが、これがクレジットカードやFXのキャンペーンとなると、途端に皆尻込みしてしまいます。

これから毎月数万づつ稼ごうという時に、その大本となるキャンペーンに尻込みしているようではこの先やっていけませんよね。では、何故、現金より遥かに安全なローリスク商品に尻込みしてしまうのかその原因について探って見ましょう。

先日、某大型掲示板で「クレジットカードはお得だよ」と書き込んだところ、よくわからない理由で徹底的に叩かれました・・・(汗)、要約すると「クレジットカードを使用すると収支バランスが取れなくなって必ず自己破産追い込まれる」とのこと。

本当にクレジットカードは人生を狂わせる呪われたアイテムなのでしょうか??

 

世界のクレジットカード利用率

クレカ利用率
世界的に見てみると(2014各国のクレジットカード利用率の比較より)クレカ+デビッドカードでの支払いが50%を超えているのに対し日本では18%しか利用されていません。

一方、クレカ保有率は国民一人あたり2.9枚とアメリカの2.7枚より遥かにおおかったりするので、とても不思議です。

先日、資産運営のスペシャリストであるファイナンシャルプランナー(FP)さんに保険の件で相談していた時、たまたまクレカの話題になったのですが、FPさんも「私は可能な限りクレカで支払いますが、なんで皆さん嫌がるんでしょうね?年間何万か帰ってくるのにもったいない」と大変不思議がっていました。

この不思議な現象にオツなりについていろいろ調べてみたところ

クレカ保有率が高い理由

  • 日本はサラリーマンが多いためクレカの審査が通りやすい
  • ネットショッピングをするために最低1枚は持ってないと都合が悪い
  • ポイントカードを作るとセットでクレジット機能がついてくる

 

クレカ利用率が低い理由

と、このような感じでした。

ここで、あれ??って思われた方は十分な知識のある方なので何も問題ないのですが、クレカ利用率が低い理由を見ても何も感じず納得されてしまった方は、少々危険かもしれません。

ここで書いた「クレカ利用率が低い理由」は世間一般で本当に信じられている方を多く見受けられます。しかし、殆ど迷信や都市伝説の類であり実際は真逆なのです。オツはこれを現金の呪いと呼んでいます。

 

 

クレジットカード会社はどうやって儲けてるの?

プリントまず、クレカ会社がどのようにして利益を出しているのか知らなければどんなにいいことを言っても理解が出来ないと思いますので、簡単にクレカ会社の収益を上げる手段を説明します。クレカ会社の収入は主に3つ

  • クレジットカード所有者から年会費を取る
  • リボ払い、分割払い、キャッシングをした際に利子を取る
  • クレジットカードが使えるお店(加盟店)から手数料を取る

以上によって成り立っています。まず上の2つは説明不要だと思いますので省きます。

さて、最後にここがもっとも重要なのですが、上2つは回避可能でありクレカ所有者の大半の方はびた一文支払ってないと思います。これではクレカ会社は困ってしまいそうですが、実はそんなことはありません。

おつは、公共料金も税金も買い物までも可能な限りクレカを使用しています。すると使用されたお店はお金を貰うためにクレカ会社に請求するわけですがその際手数料を取られます。カード会社はその手数料の一部をポイントとしておつにキャッシュバックしてきます。

こうしてみるとクレカを使用されたお店が損をしているように見えますが、そうではありません。最初からその分料金を上乗せして販売しているのですから損なんてしないのです。

こうして誰も損をしないようになっているのですが、ここでよーーーっく見てください。大損している人たちが見えてきませんか?

そうです。現金でお買い物をする現金派たちです。クレカ払いも現金払いも同じ価格なのですから現金派たちがクレカの手数料の一部を事実上負担してくれているのです。だからおつは商品を安く買えキャッシュパックまで受けられてとってもお得なのです。

このようにしてクレカ会社は利益を得ています。私は現金派だからクレカなんてカンケーネーって言ってる人は少し考えを改めましょう。

 

クレジットカードでお買い物するととってもお得

女性_お財布_節約

一括払いなら手数料は取られません。

さらに、リクルートカードプラス(※ここではおつのメインカードであるリクルートカードプラスで説明します)では利用するたびに2%ポイントが付きます。1000円使うとうまい棒が2本ついてくる計算ですね。

それだけ聞くと「たったそれっぽっちかよ」と思われるかもしれませんが、クレカは公共料金から飲食店など様々なところで使えますからそれら1年間の支出をすべてカードで支払ったとするとかなりの額になります。

おつの場合だと昨年度の電気代11万、ガス代7万、通信代9万、飲食雑費小遣い代84万固定資産税5万なので計116万円でした。

もしそれを全額リクルートカードプラスで払った場合なんと2万3千ポイント(うまい棒2300本分!!)も貰えることになります。(実際はそんなにうまくいきませんけどね・・・)これに加えて家賃や保険などもカードで支払える場合があるので、それらを支払ってる方なら一度不動産屋などに相談するといいかもしれません。

 

財布を落としても大丈夫V

クレカの持つセキュリティー機能は現金より遥かに安全です。

102531おつが無職の時に一度5万円入れた財布を落としたことがあります。財布とクレカは帰ってきたのですが、中に入ってたお金は全部抜かれていました・・・ただでさえ収入ない時期にもう踏んだり蹴ったりだった辛い記憶がありますですが、クレカなら財布を落としても電話一本で停止できるのでとても安心です。

日本では聞きませんが、海外などではスキミングなど情報を抜き取られたなんてことをたまに聞いたりします。

しかし、クレカには保険が付いているので、もし見に覚えのない請求が来てもクレカ会社に言えば保険で対応してくれます。

その他にもこんな便利な機能がある

クレジットカードを使って買い物をするとレジの時間が圧倒的に早い!!また、小銭もお札も要らないのでATMに行く回数が減り財布が軽くなったのも地味にうれしいです。

200016また、様々なキャンペーンがたくさん用意されているのも嬉しいですね。

当サイトのメインターゲットである入会キャンペーン以外にも毎月JCB,VISA、MASTERカードのキャンペーンや提携会社(楽天やリクルートなど)でもそれぞれキャンペーンを行ってます。

月々のキャンペーンだけでもうまくすれば数千円くらいの利益も出たりします。

 

クレジットカード持つと破産はしないの?

188124常識で考えればする破産なんてわけないですし、クレジットカード会社だってそんな奴にカード持たせたくないでしょう?そうは言ってもという気持ちもわからなくてもないですが、気にしすぎです。

おそらく現金と違って財布の中が空になっても物が買える点や後払いシステムが借金を連想してしまい不安を煽るのではないかと思います。

しかし、IT技術の低かった時代ならいざしらず今やスマホを一人1台もってるのが当たり前の時代であり、お金の管理もIT&スマホでやる時代です。

現金をITで管理すのは難しいですが、クレカならITで容易に管理できるのです。

 

クレカ払いのほうが財布の中身を管理しやすい

突然ですがここで質問です。

Q.あたは今月1日から今日までいくら使いましたか?1円の位まできっちりおしえてください。

090936現金派の人でこの質問に答えられる人は正直凄いと思います。こんな質問をするおつも実は答えられません(笑)おつの場合、月に何度かクレジットカードの使用できない弁当屋、定食屋を利用するので、月に7000円ほど用途不明金が出てしまいます。

ですが残りの出費はすべて瞬時に1円の位まできっちり言えます。当然いつどこでいくら使ったもすぐに回答できます。

今のクレジットカードはスマホでリアルタイムに確認ができるようになっているからです。

少し前に橋本市長が生活保護者にプリペイドカード(クレカというよりデビットカードのようなものかな?)を支給することで自立を促すと言って物議をかもしだしていましたが、政府の要人が薦めるほど今のクレカの利便性はすばらしいのです。

実際に、現金派からクレカ派に乗り換えて以降、どこでいくら使ったか後で嫌でも確認できてしまうため、無駄な出費が減り財布の紐が固くなりました。

 

いいことばかり言ってるけどデメリットはないの?

今のところおつには何の影響も出ていないので本当かどうか確かめられていないのですが、ネットで調べた限りでは以下のようなものがありました。

198939キャッシング枠を大量に作ると総量規制に引っかかる

法律なんて聞くと蕁麻疹出てきちゃいますが、要約するとクレカやカードローンのキャッシング枠には限度があり年収の3分の1までしか作れないのでそれを超えると審査落とされるらしい。尚、ショッピング枠は法律が違うので別腹みたい

例:年収300万なら100万までしか枠が作れないので、A社B社C社でそれぞれ30万のキャッシング枠を持っていると、30×3社でキャッシング枠は90万まで使っているので、D社でキャッシング枠30万で申請すると落とされる

ということなので、クレカ作る際は可能な限り「キャッシング枠なし」で作るといいです。そもそもキャッシング枠なんていらないですね。
その他のうわさ

    • カードを大量に発行すると審査が通らなくなる
    • カードを同時に複数枚発行しようとすると落とされる
    • カードを作ってすぐ解約を繰り返すと審査が厳しくなる

などなどネット上の都市伝説ですが、正直よくわかりません。そもそも落とされても教えてくれないので余計よくわかりません。

おつの場合毎月2枚くらいペースで発行してますが、今のところ落とされたことはありませんが、一応発行するときは一枚づつするよう心掛けてます。

 

まとめ

如何だったでしょうか、これで少しはクレジットカードに対する偏見や間違った知識は払拭出来たでしょうか?。クレジットカーは使えば使うほどお得になり、複数種類を手に入れ使い分ければさらにお得になる幸運のアイテムなのです。

 

P.S

おつがクレジットカードの利便性について説明すると「永久年会費無料カードでも数年後急に多額の年会費を請求されるのでは?」「クレカで生活費を払うと絶対金銭感覚がなくなる」「絶対なにか後で痛い目で見る」と非論理的な理由で否定する方を多く見かけました。

ここまでくるともう現金に呪われているとしか思えません。現金こそ呪われたアイテムなのではないでしょうか?

 

次へ スマホで稼ごう<実践編①> ~10分で1万稼ぐ方法~

 

 - ネットで稼ごう